激安デリヘルで「ハズレ」に当たる理由/激安デリヘル料金と利用

激安デリヘルは当たり外れが激しい。そんな話もちらほら耳にします。
もちろん激戦区のデリヘルは安くても出来るだけ良い女の子を揃えようという涙ぐましい企業努力があるので、びっくりするほどのハズレというのは少なくなってきました。

一般的に「ハズレ」とはどういった状況でしょうか。

電話対応、時間の大幅なズレなどの店員の対応が悪い。
写真と別人が来る(パネマジ)
デリヘル嬢の態度が横着(地雷)
デリヘル嬢のテクニックが無さすぎる

これらが多いのではないでしょうか。

では1つずつ見てみましょう。
まず、店員の態度です。激安デリヘルを激安を維持するために男性従業員を余裕をもって雇うということはしていません。人件費がかかりますから。
人が少ないという事は教育に時間をかける余裕がないということです。
最初からコミュニケーション能力の高い人間がたまたま入らない限り、高級店のような対応は出来なくて当たり前なのです。

次に女の子。店員の教育がなってないのであれば、女の子の教育をする人はいません。よって女の子の教育も行き届かなくて当然なのです。

テクニックについて。薄利多売で稼ぐしかない激安デリヘルでは、少しでも多くのお客さんに接客してほしいと思っています。
女の子に細かく指導しているよりも客につけたいのが本音です。また、こちらも人員と時間の問題で出来ないお店も多いでしょう。

人に関しては教育が行き届かないならば「元からどういう人間か」によって大きく左右されるので「当たり」「ハズレ」という意識が強くなるのでしょう。

パネマジは度合いによりますが、現代では加工をしなくとも、メイクや写真の角度だけで別人のように可愛く撮る技術が素人でもあります。
顔全体を晒している嬢も少ないですよね。ということは、半分は客の想像であり、その想像が外れたからパネマジだなんだと騒いでいるわけです。

要するに、激安をウリにしているお店に対してそれ以上のレベルを要求しているから「ハズレ」と感じているのです。

高級フレンチで何万も出したのに質素でマズイ料理が出てきたら怒りたくもなりますが、100円のおにぎりが少々マズくても怒り狂う人は少ないですよね?

激安店でも掘り出し嬢を探すという楽しみを見つけるなど、楽しみ方はたくさんあります。

安いお金で女の子が貴方の元まで来てくれるのですから、それだけでも十分だ、と思って対応すると
逆に「なんだ。安いだけかと思ったらいい子じゃん☆」という子に出会えるのです。

自分に合ったデリヘル料金と利用法を探そう

デリヘル1分間