デリヘルが利用出来ない場所やパターン

デリヘルを呼べない場所

デリヘル遊びの基本中の基本です。今更の人もおさらいしてみましょう。

まず、デリヘルが呼べるのは個室でありシャワーがある事が大前提です。その為自宅やホテルに呼ぶ人が多いです。

最近ではレンタルルームという選択肢も出てきました。レンタルルームには色々な部屋があり、会議用などの部屋にはシャワーがついてない事もあるので必ず確認しましょう。

ネットカフェなどに呼び出す事はできません。
ホテルといってもビジネスホテルの場合は、宿泊客以外の入室を禁止しているホテルも多いので呼べない事もあります。

利用デリヘル店に問い合わせると、近くで利用できるビジネスホテルは把握していると思うのでお店に聞いた方が早いかもしれません。
確実なのはラブホテルです。

自宅は呼べますが、利用客以外の人間がいる場合も呼べません。

たとえプレイに参加する予定がなくとも、です。
一軒家などで家族がいるけどプレイは自分の部屋で。彼女が来たとか家族に嘘ついて、などの状況は利用NGです。
もちろん別室に友人知人がいる場合も同じです。

利用客とデリヘル嬢のみが入れるシャワー付きの個室、これが利用できる場所です。

清潔感があることも必要

シャワー付き個室で2人きり(複数プレイオプションの場合を除く)という条件を満たしていても利用できない場合があります。

それが「著しく汚い。不衛生である」場合です。

ある程度綺麗なラブホテルであれば特に心配はありませんが、個人宅で男の一人暮らしで常にキレイに出来ている人ばかりではありません。

シーツもいつ変えたのか。お風呂場のマットやタオルは清潔か。心配要素は山のようにあります。

最低限、見た目に綺麗で清潔感があるように見えなければ、デリヘル嬢はソコでのプレイを拒否することが出来ます。

あまりに乱雑に散らかった部屋というのも、どこかにカメラなどが仕掛けられているとも限りません。

プレイに影響が出るほど散らかっている場合などももちろんプレイを拒否することが出来ます。

そして客であるあなた自身が不潔であった場合もプレイを拒否することが可能です。

一緒にシャワーを浴びて清潔に出来れば、プレイの可能性はありますが、人間の心理として精一杯プレイに力を注ぐというのは難しくなります。

また、病気などの心配や疑いが出た場合もプレイを拒否することが出来ます。

ゴムつけるからいいでしょ?とはなりませんので、あらかじめご了承ください。

出禁やNGを通達される場合

風俗は通常のサービス業よりもずっとシビアに出禁やNGを言い渡される場合があります。

多いのはしつこい本番要求やプライベートデートの要求などです。

日常茶飯事なので1回ですぐにNG!となる事は少ないかもしれませんが、デリヘル嬢は「もうこの人無理!」となればNGに出来ます。
そういう子が何人も出てくればお店自体出が利用不可となります。

デリヘル嬢に精神的苦痛と呼ばれる行為をした時は個人的NGでお店の利用は可能な場合もあるかもしれません。

ルール以上の要求をした時(本番など)、違法行為をした時は1発でお店利用不可になり、損害賠償請求に発展することもありえます。

違法行為とはストーカーや盗撮、盗聴などです。
これまでに説明したことはまだわかりやすいと思います。

他にも、あまりにも無愛想であったり態度や言葉が高圧的・暴力的であった場合。プレイを含む振る舞いが雑であった場合。洋服や下着、髪などを乱暴に扱う場合。不潔や臭いがキツイ場合。あまりにも一途に口説いてデリヘル嬢が怖いと感じてしまう場合などもNGになります。

体臭は加齢臭など努力だけでは完全に防げないものもあるでしょう。

プレイ前にシャワーを浴びるとしても事前に浴びておく。制汗スプレーなどで対策をしておくなどしましょう。

それでも完全に防げるわけではありません。「汗をかいてるからシャワーは長めにお願い」「汗をたくさんかいたから、臭ったらごめんね」などの気遣いがあればいきなりNGになることはないでしょう。

デリヘル嬢も人間です。「生理的に無理」という理由でNGもないとは言い切れません。
自分なりに努力してもそうなってしまったなら、諦めて別の良い子を探しましょう。

デリヘル・風俗専用Q&Aサイト、新開設!

誰にも聞けなかったデリヘル・風俗のギモン、プロが回答!風俗嬢などの業界のプロも参加する掲示板で気軽に質問してみよう。