高級デリヘルの教育、講習事情/高級デリヘル料金と利用

デリヘルの講習は多種多様

デリヘルがお客に売っているもの、それは至極の時間とロマン。だからこそデリヘル店舗はひと時の時間がお客にとって最高のものになるように、所属キャストに講習、研修を課している場合がごとんどです。

ついつい俺流になってしまいがちなヘルスプレイ。しかしお客を満足させるには、フェラ一つとってもコツがありますし、素股などは自己流ではなかなか実技が身に付かないもの。

だからこそお店のスタッフや先輩キャスト、店長からの講習、研修が大切になるわけですが、実際その教育事情にはかなり幅があるのも事実。例えば店長がノリノリで身体を使った実技講習を必須にしているお店もあれば、逆にヘルスサービスをそのままパッケージ化したみたいなDVDを制作し、それを見て=研修と見なすお店もあります。

実際女の子たちは講習に対して面倒くさい、出来るならやりたくないと思う子から、実技を身に着けるためには必須と捉える子もいて様々。しかし当然ながらしっかり教育を受けた女の子の方が、ヘルスサービスは手っ取り早く身につきますし、男性客の満足度も高まります。

基本的な講習の内容は、

・フェラ、シックスナイン、全身舐めに素股などの実技講習
・服の脱がせ方からタイマーセットの方法
・プレイ手順や清算などのお金周り
・身体の洗い方
・性病感染対策
・本番を強要するお客への断りかた
・禁忌事項

などです。

高級デリヘルの教育は非常に高度!

デリヘルもそのお店のレベルが上がれば上がるほど、教育にかける熱量が高まります。当然ですよね、60分30,000~50,000円以上のサービス料金がかかるわけですから、女の子にも容姿以上のテクニックが求められるわけです。

高級デリヘルではそもそもお客の性的な欲求、興味を全て叶えてくれるような幅広いサービスを提供していますし、その技術力だけでなく、女の子の肩書や学歴なども重視しています。だからこそお客へのもてなし、マナーも徹底的に教育されます。

つまりサービスの技術面を磨く接客に関する講習だけでなく、立ち居振る舞いを指導するマナー講習も抜かりなく行われるわけです。お店も女の子が適当なやっつけ仕事の接客をしようものなら、口コミ、評判という形で特大ブーメランが飛んでくるわけですから講習にも力が入ります。

実技講習の内容は前述の通りですが、お客が求めるプレイも高度になってくるため、より深みのあるサービスに繋がる講習も行われます。

もちろんお店のコンセプトに沿った講習もあり、例えばM性感であれば男性への調教やアナル開発、マットプレイに力を入れたところならソープ以上のマット講習が待っています。

また性感帯についても学びますし、お客が果てた後のピロートークの幅を広げるための話術なども網羅します。

正直なところハードで、生半可な気持ちの女の子は講習で心が折れてしまうことも。そのため男性スタッフ、店長ではなく同性の女の子が講習に当たるケースも増えています。

ただし最近は女の子の精神的負担を軽減する目的、または素人系のコンセプトが多くなっているため、難度高めの実技講習を実施するデリヘルが減ってきました。高級デリヘルの場合もあえて実技講習をしていない店舗もありますが、やはりラグジュアリーな非日常をお客に提供するわけですから、本格的な講習が行われる場合が多いです。

なお、その期間は長くて半日、1日程度の講習になります。女の子にとってはハードかもしれませんが、それがお客の指名に繋がるため皆必死についていくのです。

高級デリヘルで講習が行われない例外

どんなことにも例外というものがあります。高級デリヘルも同様で、同じお店なのに講習が必須の女の子もいれば、一方で講習の類は一切スルーで働く女の子もいるのです。(簡単にDVDや口頭での研修がある場合もありますが)

その理由として考えられること、それは高級店~超高級店のランクになると、そもそも元々のスペックが高く、同ランクのお店で働いてきた経験のある女の子が比較的多いからです。

要するに高級店で働く上で必要な技術に立ち居振る舞い、禁止事項などが身体に染みついている女の子は、もはや講習が不要ということになります。高級店の採用ハードルは非常に高く設定されているので、格安店から高級店、大衆店から高級店にステップアップすることは非常に困難。

だからこそ同ランクのお店の移動が多くなり、その場合は例外的に本格的な講習が課されない場合もあるのです。

高級デリヘルにある「接待プラン」って知ってる?/高級デリヘル料金と利用

高級デリヘルサイト見ていると、たまに「接待プラン」というコースを用意しているお店があるのをご存知でしょうか。

一般的に風俗利用は客と風俗嬢の1対1でのサービスが基本です。遊びたい本人がお店に連絡や予約をし、時間を決め、用意をしてホテルや自宅でエッチな時間を過ごします。

ですがこの接待プランでは他人様の為にデリヘル嬢を手配することが可能なのです。

最近では減ってきた「接待」ですが、無くなったわけではありません。
一般的に接待は夜ご飯を食べ、クラブなどの女性が接待してくれるお店へ行き、更にバーやカラオケなど接待相手が満足いくまでお遊びに付き合うという流れです。
女性大好きな接待相手だと、連れて行ったクラブのホステスさんにお願いしてアフターとして3次会にお付き合い頂く事もあるでしょう。

この場合、女性大好きな接待相手様がホステスさんにお触りや失礼な言動をし、後日ホステスさんにお詫びをしなければならなくなる場合だってあります。

そんな女性大好きオジサマへの接待として重宝されるのがこの高級デリヘルの「接待プラン」です。

最初のお食事のお店に呼ぶこともでき2次会のバー、その後ホテルへ・・・という流れが可能になります。

あくまでもデリヘルであり本番行為は出来ませんので、その旨を先方にしっかり伝えておく必要はありますが、最初から最後まで付き合ってくれる女性を確保できるというのは幹事にとってはとてもありがたいことです。

もちろんホテルまで行かなくても、食事から3次会までなど時間単位で来てもらってもOKです。

お店・ホテルの予約は通常通り行う必要がありますが、最後が「女性と2人でホテル」というゴールがあると、いつまでも終わらない接待に時間と労力とお金を疲弊することがありません。

あっさりと切り上げる事が出来るのは幹事様の負担をかなり減らしてくれることでしょう。
自分も含めた人数分の女性を予約しておけばしれっと自分もお楽しみが出来ちゃいます。

接待という仰々しい感じでなくても、風俗デビューの友人へのプレゼントとしての利用も可能。

もっとライトな感じだと「合コンプラン」など複数名でカラオケや食事を楽しむだけのプランや、合コンの後にそれぞれホテルへ消える事の出来るプランなどもありますよ。

今、デリヘルは1対1で遊ぶだけではありません。友人と共に利用したり、プレイ前に食事や遊びを共有して打ち解けることが出来るデートや合コンは特別なコースではなくなってきています。

高級デリヘルというのは多様なニーズに対応しているんですね。

高級デリヘルにはどんな服装で行けばいいの?/高級デリヘル料金と利用

やや高いくらいの高級デリヘルであれば、きちんと洗濯されていて皺もなく清潔な服装であれば特に問題ありません。
そもそも特にドレスコードを設けているお店はほとんどありません。

しかし、利用にあたって身分証が必要でまず店員が来て料金の精算をしてからやっと嬢に会えるような超がつく高級店に行く場合はどんな服装で行けば良いのでしょうか。

結論から言うと清潔であれば何でも良いのですが、超高級デリヘルは客層から他のデリヘルとは違います。
ということは嬢も稼いでいる紳士ばかりを相手にしているということです。

高いお金を払って嬢がラフすぎる服装できたらどう思いますか?
相手がきちっとしているということは客にもそれなりのマナーを要求するのも当然です。

そこらへんの居酒屋に行くのに服装は気にしなくても、高級な三ツ星レストランに行くような時はスウェットでは行きませんよね?
それと同じ感覚でいいと思います。

ちょっとリッチな高級レストランに行くような服装を意識すれば問題ありません。
派手過ぎず、スウェットやジーンズ素材を避け、ピシッとアイロンのかかったジャケットを羽織って行けば良いでしょう。

平日で夕方以降であれば、仕事に来ていくようなスーツでも問題ありません。

デリヘルなので客も脱ぎます。寒くても股引に肌着を何枚も・・・というのは脱ぐのに時間がかかってモタモタしてスマートな振る舞いが出来なくなる可能性も・・・。
暖かい肌着を一枚くらいにしておくほうがベターです。

服装なんて何でもいーだろ!と思う方もいるかもしれませんが、第一印象というのはとても大切です。

まず男性店員が来て見た目や言動から人となりを確認します。
そこで大切な高級デリヘル嬢を連れてきて大丈夫か確認もされているのです。

その時にあまりこのお店に相応しいお客様でないなと判断されたら損をするのはあなた自身です。

服装1つで堂々と振舞えて大事にもされるなら整えておいて損はありません。